病院に行きたくない男性にカンジダ性亀頭包皮炎の市販薬があります

女性に多いカンジタの症状

女性の5人に1人が経験するとまで言われるほど身近な疾患である膣カンジタ。健康な人であっても口の中や食道、女性なら膣内などに常在するカンジタ菌が異常繁殖することで発症する、本当に誰にでも起きる可能性があり、また年齢には全く関係のない疾患です。抗生物質を使った治療を受けている人や妊婦さん、風邪などの病後で体力の落ちていていたり抵抗力の落ちている時などに発症しやすいと言われてますので、心あたりのある人は要注意です。

膣カンジタは、膣やその周辺がかゆくなったり、ヒリヒリと痛みを伴ったり、粘度が高かったり、逆にポロポロとしたおりものが出たりというのが分かりやすい症状です。他にも外陰部が赤みを帯びたり、湿疹が出たり、悪化してくると排尿時に痛みを伴ったりもします。

完治させようと思ったら病院へ行き、きちんとした治療を受けるしか方法はありませんが、初期の軽い症状のうちならば自然と治ることもあります。発症しやすいのは先ほども書いた通りで抵抗力や免疫力の落ちている時なので、膣周辺でかゆみが出始めたり、おりものに何かしら普通ではない変化が見られ始めた時には、意識的に体を休めて体力回復を計ったり、生活スタイルや食生活の見直しや改善をするだけで気がついたら治ってるということもあります。

ただし、症状が長引いたり、ひどくなっていくようであれば、早いうちに婦人科へ行って検査を受けるのが良いかと思います。我慢しても何もいいことはありませんし、カンジタの症状が改善する訳でもありませんから。

コラムスペース

HOMEへ戻る
ページの先頭へ戻る