病院に行きたくない男性にカンジダ性亀頭包皮炎の市販薬があります

カンジダは性病ではありません

よくカンジダを性感染症だと誤解されてる人がいますが、カンジダは性病ではありませんので、誤解しないように気を付ける必要があります。性交渉によって感染してしまう場合もありますが、性交渉による感染率は非常に低いものです。

そもそもカンジダは人間の体に常駐しているカンジダ菌が原因で起こる炎症です。カンジダ菌は皮膚や口腔内や食道、性器や肛門といったように、体のあちこちに常駐している菌で、免疫力の低下や擦り傷などをきっかけとして炎症に発展してしまうことがあります。

性器にも存在している菌ということが、カンジダが性病と誤解されている所以かと思われます。ただし、先ほども書いた通りで、感染する1番の大きな理由は免疫力の低下ですから、たとえば性交渉後に発症した場合でも、性交渉そのものが原因というよりは、自分の免疫力が低下しているという証と取れます。

元々、免疫系が正常な状態であれば、多少傷から菌が入り込んだとしても、異常に増えるということはありませんので、感染してしまったということは自分の体が菌の繁殖を抑えきれないほど、弱っている証となります。

カンジダが性病だと誤解している状態だと、性交渉の後にカンジダになってしまった場合、相手を責める結果になってしまいます。元々、自分の体にも存在している菌が原因ですから、相手だけを責めるのは間違いです。カンジダは性病ではないと知っておくと万が一の時に嫌な思いをしなくて済むと思いますので、ぜひ知っていて欲しいと思います。

コラムスペース

HOMEへ戻る
ページの先頭へ戻る