病院に行きたくない男性にカンジダ性亀頭包皮炎の市販薬があります

カンジタ症の感染経路は性交渉?

女性に多いと言われるカンジタ症ですが、これは女性特有のものではなく、男性であっても発症する可能性のある疾患です。なぜなら、カンジタ症の原因であるカンジタ菌は、もともと人の体に存在している菌だからです。

カンジタ菌は口腔内、食道内、皮膚、性器、腸内などの体の広い範囲に渡って常在している菌です。これは常に一定数以上に増えることがないように、免疫系によって管理されてます。ただ、この免疫系等が何らかの原因で上手に働かなくなると、カンジタ菌が増殖し、感染、発症となってしまう訳です。

免疫系等が上手に働かなくなる原因には、疲労やストレス、抗生物質の服用、妊娠などが挙げられます。カンジタ症を性交渉によって感染する病気だと誤解している人も多いですが、カンジタ症の感染経路は性交渉に限られる訳ではありません。むしろ、性交渉が感染経路であることの方が少なく、自分自身の免疫力の低下で感染することの方が多いのです。

そうはいっても性交渉が感染経路になる可能性もありますから、コンドームの使用はやっぱり必要かと思われます。特にカンジタ菌に感染している人との性交渉は、感染するリスクが高くなりますので注意が必要です。

ただし、過剰な不安や心配は無用です。不健康な状態であれば感染のリスクは高くなりますが、健康な状態であればそのリスクは低いですから。カンジタ症の感染経路が性交渉だけという誤解を解くことで、パートナーへの不満や不信がなくなるのではないかと思われますから、まずはその誤解を解くことが大事ですね。

コラムスペース

HOMEへ戻る
ページの先頭へ戻る