病院に行きたくない男性にカンジダ性亀頭包皮炎の市販薬があります

カンジタ膣炎は市販薬で治療も予防できます

女性の5人に1人は経験者とまで言われてるほど、女性にとってカンジタ膣炎はポピュラーな疾患と言えますよね。これは年齢も関係ありませんし、性交渉も関係ありませんし、性交渉の経験があるないというのも全く関係ありません。

カンジタ膣炎の原因になるカビの一種のカンジタ菌は、女性の膣内には常在している菌です。これは健康であるとか不健康であるといったことも関係ありません。カンジタ菌は女性の膣内だけでなく口の中や消化器官の中などにも常在しています。

このカンジタ菌が異常に増えてしまうことで引き起こされる疾患なんですが、異常に増えてしまう理由というのはいくつかあります。風邪をひいたりといった風に体調を崩した時や、妊娠している時、抗生物質による何らかの治療を受けている時がその理由にあたります。また、糖尿病や悪性腫瘍、免疫疾患などの基礎疾患がある人も発症しやすいので注意が必要です。

裏を返すと、そういったことがなければいくらでも予防ができるとも言えます。体調管理をしっかりするというのは、生活していく上でとても大切なことですが、カンジタ膣炎にならないためにも大切なことと言えます。

体調管理を日頃からしっかりとして、疲れている時や体調を崩し気味の時には決して無理をしない。抗菌作用の高いにんにくやショウガなどといった食べ物を意識的に普段から摂る。そういった小さな心がけ1つでカンジタ膣炎を遠ざけることは可能です。カンジタ膣炎はいくらでも予防ができるものですから、日頃の意識が予防法といえるかもしれませんね。

カンジダ膣炎の原因は免疫低下

カンジダ膣炎って、すごく辛いですよね。あの性器の痒みは半端じゃないですから。なので最初は、「カンジダ菌はなんて恐ろしい菌なんだろう」と、勘違いしていました。しかし、実際はそうじゃないんですね。

なぜならカンジダ菌は、もちろん外部から感染することもありますが、それ以前に既に体内に存在する常在菌で、普段は免疫で簡単に抑えられる程度の、弱い真菌だからです。

じゃあなぜ、その弱いはずのカンジダ菌があそこまで辛い症状を引き起こすのでしょうか?それは、疲労や体調不良などによって、普段カンジダ菌を抑制してくれている免疫が、一時的に低下してしまうからです。

つまり、カンジダ膣炎の原因は、免疫低下なんですね。そして、免疫の抑えが無くなると、いくら弱いカンジダ菌でも増殖、活性化できるため、性器の炎症、爛れ、痒みなどと言った症状まで生じさせるんですね。

となると、健康な時は心配ありませんけど、体調を崩したり、疲労が蓄積していたりする場合は、注意する必要がありますね。カンジダ膣炎にかかると、仕事は勿論日常生活全般に悪影響が出ると思うので、もし免疫が落ち気味かな、と自分で感じたら、適宜休息をとったり栄養サプリメントを補充したりするようにしたいです。

コラムスペース

HOMEへ戻る
ページの先頭へ戻る