病院に行きたくない男性にカンジダ性亀頭包皮炎の市販薬があります

カンジタの塗り薬は表面だけに塗る

女性の方で膣カンジタで治療中だったり、繰り返して起こる再発で悩んでいる方って多いと思います。カンジタの嫌なところは再発の可能性が非常に高いというところですよね。膣内にカンジタ菌がいつもいるから仕方のないことなのかもしれませんが、再発を繰り返すその度に、辛い痒みと格闘しなければならないのは大変です。

カンジタで婦人科を受診すると根本から治すために、膣内の洗浄と膣の中に入れる薬がメインの治療になりますが、かゆみが酷いといった症状によっては外陰部につける塗り薬が出されることもあります。

この塗り薬に関しては、塗り方などの詳しい説明をしない医師もいるようですし、逆に聞きづらくて質問しない患者さんもいるようです。あくまで外陰部に塗るための薬ですから”外陰部だけに塗る”が正解です。たまに塗り薬の説明で塗り方を教えられず、外陰部だけではなく、膣内にまで塗ってしまう方がいるようですから間違わないように気を付けたいところですね。

あとは少し症状が良くなったからといって、医師のオーケーが出る前に勝手に薬をやめてしまう人も多いようですが、それだと完治しない可能性が高くなりますし、またすぐに症状が出てしまう場合がありますので、必ず薬は医師の指示に従って下さい。カンジタは再発も多いものですが、完治させられますので、根気強く治療しましょう。

コラムスペース

HOMEへ戻る
ページの先頭へ戻る