病院に行きたくない男性にカンジダ性亀頭包皮炎の市販薬があります

男性でもカンジタ症になります

カンジタ症というと女性特有の病気だと思っている人は少なくなく、男性だと油断してる人も多いのではないでしょうか。カンジタは決して女性特有の疾患ではなく、男性であってもなりますし、年齢も性交渉経験の有無も一切関係ありません。なぜなら、カンジタの原因となるカンジタ菌は誰の体にも常在しているものだからです。

女性のカンジタについては知ってる人も多いと思いますので省くとして、男性だとどういった症状が出るものなのか書いてみようかと思います。男性は基本的に性器カンジタにはなりにくいと言われてます。その理由は性器が露出しているからですね。女性の場合だと露出していないのでカンジタに感染しやすいのですが、男性の場合は露出している分、通気性がよく、カビの一種であるカンジタ菌には住みにくい場所になります。

男性が性器カンジタに感染すると出てくる症状は、かゆみ、ただれ、赤みを帯びた水泡のようなもの、そして、白いカスが出ます。症状自体は軽い場合が多く、気が付かないこともけっこうあるようです。

カンジタは男女関係なく、免疫力が落ちてくると感染しやすくなりますので、疲れている時は無理をしないでゆっくり休むなどといったごく普通のことをしていれば予防が出来るものです。あとは、不潔にしないということ、体を洗う時には丁寧に洗うこと。でも、洗う際に擦り過ぎないようにだけは注意して下さいね。擦り過ぎることで逆に細かな傷をつけてしまい、そこからカンジタに感染してしまう可能性がありますから。

もしもカンジタに感染してしまったかもしれないという時には、男性は泌尿器科で診てもらうことが出来ますので、最寄の泌尿器科を受診してみて下さい。軽いうちなら自然と治ることもありますが、はっきりとした自覚症状が出るくらいまでいっていると自然と治る見込みは少ないので、早めの治療開始が大切になってきます。

コラムスペース

HOMEへ戻る
ページの先頭へ戻る