病院に行きたくない男性にカンジダ性亀頭包皮炎の市販薬があります

カンジタ症の放置は辛いだけ

病院へ行くのが恥ずかしいといった抵抗感でカンジタ症を放置している女性がけっこういるようですが、放置してて良いことは何もありませんし、症状を我慢するのは辛いだけですから、早めに病院へ行くことをオススメします。

女性の場合、健康な状態であっても膣の中にカンジタ菌が常にいるものなので、男性よりもカンジタ菌に感染しやすいものです。膣の中以外にも口の中や消化器官の中などにも普通にいますが、よっぽど体力が落ちていたり、抵抗力が落ちていない限り、成人で膣以外での感染はほとんどありません。

そうはいっても油断は禁物です。特に女性の膣カンジタ症は、体力や抵抗力が落ちている時にも発症しますが、性交渉などで擦れることによって細かな傷が出来、そこから感染するというルートもありますので。

現れる症状は主に痒みですが、デリケートゾーンの痒みって辛いだけのものではないでしょうか。ムズムズ、モジモジ、イライラ…となるくらいならば、カンジタ症は薬で簡単に治せますので、一時の恥というくらいの気持ちで早めに病院へ行くのがいいと思います。

早ければ早いほど治療期間は短くて済みますし、婦人科に通院している人の3割はカンジタ症が理由と言われてるくらいのありふれたものですしね。カンジタ症を放置しておくと症状はどんどん悪化する一方ですし、下手すると慢性化してしまい、繰り返し繰り返し辛い思いをすることにもなってしまいかねません。

特に妊娠されている方や妊娠を望んでいる方は、赤ちゃんが生まれてくるまでにカンジタ症の治療をしておかないと、産道を通って出てきた赤ちゃんにカンジタ症がうつってしまうこともありますから、赤ちゃんのためにも放置せずに治療をしっかりとして下さいね。

コラムスペース

HOMEへ戻る
ページの先頭へ戻る