病院に行きたくない男性にカンジダ性亀頭包皮炎の市販薬があります

カンジダ性亀頭包皮炎は包茎の人が圧倒的に多い

カンジダ性亀頭包皮炎は命に関わる病気でもなければ性病でもありませんから、放っておいてもさして問題はないのかもしれません。それでも日常生活の中で局所に続く痒みや痛みは耐え難いものでしょう。しかしながら、包茎であることが恥ずかしくて病院になかなか行けないという方もいるようです。

カンジダ性亀頭包皮炎の原因であるカンジダ菌はカビの一種ですから、湿気のある環境を好みます。

包茎の方の場合、亀頭部分が皮で覆われているため湿っていることが多く、カンジダ菌が一気に繁殖する可能性が高いのです。包茎であるからこそカンジダ性亀頭包皮炎には罹りやすいのに、包茎であるからこそ病院に行きづらいという点が少し厄介です。

冷静に考えれば、医師はカンジダ性亀頭包皮炎にかかる男性は包茎の人が多いということも当然知っていますし、患者が包茎であることに対して何か特別な見方をする訳でもないことは分かっているのですが、それでもどこか劣等感を覚えてしまう。

そんなとき、自宅でカンジダ性亀頭包皮炎を治す薬があると助かります。

当サイトでは、インターネット通販で購入できカンジダ性亀頭包皮炎をしっかり治療できるお薬をご紹介します。もう精神的な苦痛はコリゴリという方に使っていただきたい塗り薬(軟膏)があるのです。

病院に行かなければいけないケース

包茎にも種類があって、排尿やセックスに影響があるのなら病院に行かざるを得ないでしょう。問題なのは、病院に行くか行かないか迷う余地がある方です。

日ごろ問題がないから放っておいたけど、こういう風に炎症が起きて、それが包茎のせいだなんて言われるのは恥ずかしい。しかし、あまりにも繰り返し炎症が起こるというのであれば、仮に日常生活に支障がなかったとしても確かに手術を考えてよいかもしれません。

無理やりに皮を向けば亀頭部分は全部露出するものの、いつでもすんなりと言う訳ではないというのならば、その部分に垢が溜まって取れないということも十分に考えられます。

カンジダ性亀頭包皮炎の治療薬として → ロテュリミンAF ← があるのですが、これは軟膏タイプの薬で患部に直接塗れなければ意味がありません。真性包茎などでは自宅では治療ができないのです。

つまり、軟膏タイプのロテュリミンAFが塗れるかどうかが病院に行くかどうかの分かれ目になります。

医師いらずのカンジダ性亀頭包皮炎の予防と治療

カンジダ性亀頭包皮炎は、陰部を念入りに洗ってしまうことで発症することがあります。

石鹸などではカンジダ菌を殺せず、日ごろ拮抗した勢力として我々の皮膚上に存在する細菌ばかりを洗い流してしまいます。皮膚上にカンジダ菌のような真菌だけが残ってしまうことで、大繁殖を起こしてしまうということがあるのです。

清潔にし過ぎたばかりにカンジダ性亀頭包皮炎にかかって、そのうえ包茎の手術も検討しろと言われるのでは納得できません。そんな方は日ごろのケアとして → ファンガソープ ← という真菌に対して効果のあるソープがお勧めです。

カンジダ性亀頭包皮炎はこのファンガソープとロテュリミンAFとを併用することで良くなります。治療薬であるロテュリミンAFと、予防にも使えて軟膏を塗る前の清潔維持にも使えるファンガソープ。

これらは同時に使用することが望ましいので、セット販売もされています。

ロテュリミンAFとファンガソープがあれば、カンジダ性亀頭包皮炎は病院に行く必要がありません。病院に行きたくないのに、病院に行くかどうか迷っている方は、一度この併用治療を試してみてください。

もっと理解を深めたい方におすすめ

  •  
  •  

コラムスペース

HOMEへ戻る
ページの先頭へ戻る