病院に行きたくない男性にカンジダ性亀頭包皮炎の市販薬があります

カンジダ症は自分自身が原因

カンジダといえば性器カンジダを思い浮かべる人が多いかと思います。でもこのカンジダ、性器のみならず皮膚や口腔内、食道などあちこちで起こりうるものなんですよね。起こる場所によって皮膚カンジダ、性器カンジダ、口腔カンジダなどという風に呼び名が変わりますが、それらをまとめてカンジダ症といいます。

もともと皮膚の表面や口腔内、食道内、女性だと膣内などに常駐しているカンジダ菌という真菌が原因で起こるものなんですが、免疫系が正常な状態であれば、一定数以上増えないようにコントロールされているので、普段は何も問題のない菌です。ところが、免疫系に何かしらの疾患があったり、体調不良などで免疫力が落ちてくると、異常増殖して悪さを始めちゃうんです。これがカンジダ症の原因であると言われてます。

女性の膣内に常駐していることもあってか、中には性感染症だと誤解されている人もいますが、性交渉での感染は可能性としてはかなり低いそうなので、性感染症と呼ぶには弱すぎる根拠です。性交渉により、性器に傷が出来たりすると感染するリスクが高まるのは間違いありません。もしもカンジダ症の治療中という人や疑わしいという人は、余計な不安や心配を与えないためにも、性交渉前に相手に告げるというマナーや心配りが必要かもしれません。

免疫系が問題のない人であれば、善玉菌が頑張るので、カンジダ症に発展することはないのですが、免疫力の落ちている人はちょっと注意が必要になりますから、性交渉だけに関わらず、調子がいまいち良くないという人は無理はしないにこしたことはありません。

コラムスペース

HOMEへ戻る
ページの先頭へ戻る